PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

鋼派予想 by 六度九分


今年の鋼派は参加できずに寂しいなと思っていたところ、石名さんの計らいにより優勝者用のルアーを製作する事になりました。

P7051894.jpg

普段なら絶対塗らなさそうなゴールドの単色に「鋼派」の明朝体は、正直どうなる事かと思いました。
しかしいざ出来上がりを手のひらにのせて眺めると、おおぉ、悪くないのであります。


さて、鋼派予想ですが、去年のイメージを元に一つだけやってみたい事があります。

2010.5.22 の石名さんの記事にこう書いてありました。

自分は、葦際は朝一ビッグスピナーベイトかビッグクランク。
時間が経つにつれミッドダイバーで駆け上がりのショルダーから沖のサスペンド。
その間にトップを混ぜながらの葦撃ち。


昨年のプラクティスではマツザッキさん(というトッパーさん)と一緒に、新利根川の中でも上流と言われるエリアを手を変え品を変えで狙ってみました。
その時は状況がよかったようで、岸際にトップやらマーマーやらを投げたらポツポツ釣れていました。

平日にもかかわらず、フローターやらボートやらの釣り人が多く「あぁさすがは関東だなぁ、どんな釣りしとるんかなぁ」と横目でチラ見しつつ進んでいたところ、他のボートより沖めに浮いているボートが見えました。
徐々に近づいていくと、どうやらミッドダイバーのクランクを投げているようです。
気になって話しかけてみると「岸際より、ちょっと釣れるサイズが大きい」との事でした。

>時間が経つにつれミッドダイバーで駆け上がりのショルダーから沖のサスペンド。

石名さんの日記を読んで、あの沖めに浮かぶボートを思い出しました。
個人的にはこの状況でシンキングのダブルスイッシャーをゆっくりただ巻きしたいのです。
たぶん効率で言えばクランクベイトに分があると思うのですが、レンジさえ合わす事さえ出来れば水面に出る魚に劣らないサイズが釣れそうな気がします。


う~ん、書いていたらなんだか本当に釣れそうな気がしてきました。
どなたか私の妄想を具現化しようという猛者はいらっしゃいませんか?
責任は負えませんけれども。

| 未分類 | 14:07 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。