PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

冬から春のルアー  by KTW

なんかチャリティーとかやってもらって申し訳ない事になってます。
こうして活動を休止してる間も忘れられないよう、仲間達が盛り上げてくれる。
本当にありがたい事です。

さて、冬から春にかけてのルアーでしたね。
自分の場合、シチュエーションによっていくつかのパターンがあるんですが、
ダムなど深いとこではウィグルワートの浮力の小さい方や、ノーマンのミドルN、
スタンフォードのMWCSというクランクベイトをよく使います。

これらのルアーの特徴はバイブレーションが大きく、
スローリトリーブが可能である所です。
同時にボディに対してリップが大きいので、
カバーに対しても強く、とてもタイトに攻める事が出来ます。



マディシャローではまたちょっと違う攻め方をするんですが、
河川等では流れからプロテクトされた逆ワンドやクリークは、
プリのメスが溜まり易いので要チェックです。

こういう場所で強いのが、一口サイズでピッチの細かいバイブレーションのルアーです。
泥底で水生植物の腐れ根とかも多いエリアなので、
そういったソフトなゴミを拾い難い、軽いボディも重要な要素です。

こういう条件が重なった場合、インディーズが強いですね~。
マスプロはどうしても「色々な要素をある程度満たす」必要がありますからね、
何かに特化した状況では、圧倒的にインディーズが強いです。

今の所この状況で圧倒的に強いのはスキルフルのスコブルクランク(小さい奴)です。
噛みではなく、抜けで泳がせる事を覚えてからのスキルフルはかなりヤバイです。
光量の少ない状況でも音源定位し易いので、濁ってても丸呑みです。

ああ、なんか長くなってしまった。
申し訳ないです。

| KTW | 19:35 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。