PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

好きなルアー3つby痴虫

大変遅くなってすいません。
パソコンの故障から、いつも通りのサボリ癖まですべての理由より今に至りました。

で、早速ルアーの方ですが難しいものですね。
昔自分で考えた魂のルアー5個とは変わってきていました。
変わらないのもありました。
これに入っていなくても好きなルアーもたくさん(入選しなかった理由は、ルアーのコンセプトとかにはしびれたんだけど、トップでないので使っている回数が少ない、これが多かったかな。)

という訳で行きます。

バス

●ドリラーシリーズ(ヒヨコブランド)
インディーズから始まったトップのハンドメイドの流れの中で、僕たちを代表する自慢できるルアーだと思います。
大きく分けるとダブルスイッシャーですが、新しいジャンルといってもいいと思います。
僕も尻のヒートンをぶつけて、ぐらぐらにし、腐って抜けるまで使いました。

●ジョインテッドクロー(ガンクラフト)
これは完全に新しいルアーが生まれた瞬間を見る事が出来た感じがします。
長いルアーの歴史の中で、トップではほとんどがヘドンのフォロワーになってしまったりするわけです。
ほかのルアーのジャンルについても然り、しかしそんな中でも新しい物が生まれるのだと驚いた物です。
たくさんのバッタ物を生み出しましたが、それを差し押さえてオリジナルが1番だと言う、そういった所も良いなあと思います。

●シンゾーベイト(エクストリーム)
これまた、初めて見たとき心臓が止まりそうになったルアーです。
ちょんちょんすると、どう見ても魚のそれのような抜けがあり、あんぐりしました。
ただ、知った頃は己の腕のなさより、ワームと思って使っていたのでなかなか使いこなせず。
あるとき、これはプラグだなあと思ってからさらにこのルアーの本当の恐ろしさを知る事になりました。
人生で2度も度肝を抜かされたルアーです。

那須さんがだした、ローファイとかも好きですが、沈むのでいかんせん使用頻度が低い。
でもルアーとしてはびりびり来ますね。



●TKLM90&120(タックルハウス)
二宮さんの作るルアーはプラスチックですがハンドメイドです。
いや、半端なハンドメイドビルダーは恥ずかしいくらいの魂の入りようと、懲りよう。
出来れば、宮本武蔵の五輪の書(だっけ?)のような物をこっそり残して僕に欲しいです。
釣れすぎるてルアーを飲み込まれるから釣れ具合を調整したなんて言ってみたい。

●レンジバイブ(バスデイ)
尊敬する故伊藤社長が作られた名作。
生まれて10年くらいたったと思うのですが、今でも美しさと、能力が衰えない。
何なんでしょうか?
この方もすごい職人肌で、社長の机の上が工具だらけだったと言うエピソードもとてもすてきです。
兄弟会社のジップベイツにも魂のこもったルアーが多数あり、シーバス釣りではないと生きて行けない物がたくさんあります。

●バリスティックミノー(ノースクラフト)
これは割に新しいルアーで、最近モデルチェンジがあり溺愛モデルは廃盤になりました。
スプーンをプラグにしたかった、というコンセプトとなんだかおかしい尻振りアクション。シンキングペンシルを知る上で大事な部分を教えてくれたルアーです。

渓流
(これは釣りを始めたばっかりなので使っているルアーの種類は少ないです。
今の時点で感動した物たちです。)

●チップミノー(スカジットデザイン)
ここまで来て気づきましたが、僕のチョイスは革命的でありつつも、ベーシックな物が多いですね。
これもそのベーシックなタイプの物ですが、その対応力が半端ない気がします。
いついかなるときでも釣り人共に戦ってくれる。
なれない釣りの中でいつも助けていただいております。

●ツインクル(タックルハウス)
よく使っているのは、今となっては少し軽いくらいの古い方のシンキングタイプ。
しかし、少し投げにくかろうが、流れに負ける事があろうがこのルアーのトゥイッチでの飛びの美しさはほかに無く、
投げるたびにほれぼれします。ちなみにディープタイプも使いやすく、機会があれば少しずつ種類を増やして楽しんでいます。

●セルタ(ルブレックス)
古いスピナー。今でもつれる。
スプーンとかジグとか、ただの金属の塊なのに釣れる。昔からあるのに今も色あせない。そんな物が好きなのですが、まだスプーンは使い方がしっくり来ていない。そんな中、スピナーは一足先にその威力を知る事が出来たタイプ。
しかも本当に昔からあるこのルアーでボコ釣れ。釣れて、かっこ良くて、色あせない。僕の作りたいルアーの形がここにも一つありました。


という訳で、いろいろ迷ってジャンル分けして3つずつ出しました。


セルタのときにも書きましたが、僕が好きなのは「釣れて、かっこ良くて、色あせない。」
そんな物だと思います。『革命的かつ、ベーシック」そういった物を僕も作りたいです。
上に書いたルアーはそのどれもが僕にそういった事を教えてくれている気がします。

| 痴虫 | 12:59 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。