PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

塊的バトン by開発クランク

次は開発Crankの開発です

初めてルアーを作ったのは小学5年生だったかな~

確か雑誌(つりトップかつりボーイ)を見て作ってみようと思ったのが最初です。

その時はただの木片からカッターと彫刻刀で切り出して、溝を彫って

オモリを入れヒートンを付けた後に、ガンプラの塗料を筆で

塗った物が初の自作ルアーでしたね(^^;)

でもオモリは塗料を混ぜる小さい金属の皿に鉛をコンロで熱して溶かして作ってました。。

教科書通りの作り方じゃ満足出来ない少年だった気がします。で、手のひらに

彫刻刀が刺さるという怪我やカッターでスッパリ切って病院送りになったり、

怪我はチョイチョイしてました。子供だったし怪我して体で覚えるみたいな感じだったかな

最初はそんな感じでしたが中学2年のある時、近所の本屋で

ルアーを作る教科書となる本を見つけました。その本は今は手元には有りませんが

確か「ハンドメイドミノーの作り方」っていう本だったかな?

リベット作者の平本さん著作の本で、そこには台風後の激濁りの津久井湖で

50cmオーバーをハンドメイドミノーで釣っている写真などが有り

子供には刺激が強すぎる内容でした。。ハアハアしながら見ちゃうくらいネ(笑)

本物と見間違えそうなオイカワのカラーリングやサバ皮の背中など

見たこと無いものがその本には有りました。自分的に衝撃的なことだったなぁ~・・

その後「ザ・ミノーメイキング」が出て更にドップリとのめり込むこととなります。
blog+004_convert_20100131034417_convert_20100131041343.jpgblog+001_convert_20100131040803.jpg
(Mrプロンソンもどきも・・)

ハンクルやリベットとか村瀬ミノーなど欲しかったけど売っている場所も知らなかったし

欲しいけど子供には買えない金額だし、時間はかかるかもしれないけど自分で作ろうと

決めたのがきっかけかなぁ~。で、作り初めて2ヶ月後、また津久井湖に行く機会が有り

一番下のルアーで一匹だけだったけど釣れたのがメチャクチャ嬉しかったのを覚えてます(^^)

友達の目の前で釣れたもんだから次の日学校でちょっとした話題になり、

数人から「俺にも作ってくれ」みたいなことを言われたのが嬉しくて・・今に至るのかな?

もう25年も前のことだけど今でも思い出しますねぇ。



| 開発クランク | 03:46 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。